魅力溢れる小顔治療

女性

圧迫に気を付けよう

確実に効果を得るためにも、ボトックスのエラ治療を受けた後は、注意しておくと良い点が数々あります。先ず、小顔効果を発揮させるにはボトックスを定着させる必要があるので、注射した所を押さないようにしてください。強く擦ることも同様ですから、もしもメイク落としでクレンジングシートをご利用の際は、強く拭かないように注意しましょう。ボトックスは流動性が高く、圧迫すると周囲へ逃げてしまうので、その場合は小顔効果も下がってしまいます。テレビを見ながら行うなど、気持ちがほかに向いている時はいつもの要領で擦りやすいため、特に気を付けてください。もちろんフェイスマッサージなども控えた方が良いので、当面はエラへの刺激を避けておきましょう。そして、普段から頬杖をする癖がある人は、その点でも十分に気を付けなければなりません。アゴ先を支えるだけならまだ良いかもしれませんが、コブシで頬を支える場合は、大抵エラの注入部分にジャストミートします。大人の頭部はボーリングの球ほどの重量がありますから、是が非でも留意しておきたいポイントです。神経伝達の流れを遮断して、意志とは無関係に咬筋の動きを止められるのが、ボトックスによるエラ治療の魅力です。咬筋は咀嚼筋の1つであり、エラを大きく見せる原因にもなっていますが、ボトックスのエラ治療ではこの筋肉を狙って注射します。使わない筋肉は退化するように小さくなりますから、注射を打つだけでも小顔になれるのがメリットです。そして、この治療を受ければ噛む力がソフトになるため、歯ぎしりを改善できるといった嬉しい効果も得られます。ですから特に小顔になりたい訳ではなくても、歯ぎしりや顎関節症を防ぎたい時は、検討しておくと良い整形治療です。もちろん、その両方を希望する場合はこの上ない施術ですので、美容外科にカウンセリングを申し込むと良いでしょう。また、ボトックスの効果はおよそ4か月から6か月ほど持ちますが、1回だけの治療なら効き目が終われば元のエラに戻り始めます。ですから1度でいいから小顔になってみたいなど、お試し感覚で受けやすいこともボトックス治療の利点です。

Copyright© 2018 エラを小さくすボトックス【効果の現れ方にも特徴がある】 All Rights Reserved.