小さなフェイスラインへ

看護師

仕事が休めなくても大丈夫

物理的にエラ骨をカットすれば小顔になれますが、その場合には手術を受けねばならず、ダウンタイムも考慮すると誰でも気軽に受けられないのが課題です。その課題を取り除いてくれたのがボトックス注射であり、これなら手術が不要なため、ダウンタイムも実質的にゼロとなっています。ですから翌日に仕事があって休めない人でも受けられることから、大人気になっているのです。次の日はもちろん、施術直後でも日常生活には支障がないので、その気になれば昼休み中や、ショッピングの合間でも受けられます。施術で腫れることが少なく、メイクも普通にできるため、術後の行動に殆ど制限を与えないのがその理由です。さらに、特筆すべきは小顔効果であり、顔がビッグサイズに見える原因がエラの筋肥大であれば、目に見えた効き目を現してくれます。切る整形治療と同格のエラ抑え効果を望めることは大きな魅力であり、ボトックス注射の人気を不動のものにしているのです。ここでポイントになるのは、エラ骨が張っている人でも、筋肉が張り出ていれば小顔になれる点にあります。ボトックスに骨を縮める効力はありませんが、咬筋をスリムダウンきるため、現状よりエラの張り出しを改善できる訳です。精密検査などを行うため、メスを入れる小顔整形は、カウンセリングの日に施術を受けることは基本的に不可能です。その点ボトックス注射は、カウンセリングの直後でも治療してもらえることが特徴になっています。クリニックによってはできない場合もあるかもしれませんが、注射は数分で終わるので、殆どの美容外科では当日の治療が可能です。そして、ボトックスの小顔治療は効果の現れ方にも特徴があり、直にエラが小さくなることはありません。大抵2、3日の間は変化がなく、数日後に効果を感じ始め、およそ半月からひと月ほど掛けて顔をスリムにしていきます。少しずつ小顔に移行しますから不自然さがなく、誰にも怪しまれずにフェイスラインを改善できるのが特色です。小顔効果は4か月から6か月ほど継続した後、再びゆるやかな速度で元のエラに戻っていきます。その際、効果の切れ目に合わせてボトックスを再注射すれば小顔効果を延長できますが、治療回数が増えるごとに、効果の持続期間も次第に長くなるのです。この特性を活かして5、6回ほど治療を続けますと、その後は注射をしなくても、小顔が長期間続くようになります。

診察

治療を受ける時の基礎知識

アラガン社のボトックスは世界各国で承認されているため、安全で効果的なエラの縮小治療を受けたい時は、この製薬会社のボトックスを指定するのが基礎知識です。エラにボトックスを注射すれば、咬筋が肥大する前の痩せた状態に戻るので小顔になっていきます。

詳しく見る

医者

手軽に小顔へ

プチ整形だけで小顔になりたい時に利用すると良いのが、ボトックスをエラに注入する美容施術ですが、歯ぎしり対策にも利用できます。美容外科によってかなり値段が違うので、この施術を受ける際は、予算に合った治療先を選ぶことも欠かせない準備です。

詳しく見る

女医

オーダーメイド治療が一番

筋肉の付き方は個々で違うため、ボトックスのエラ注射を受ける時は、オーダーメイド治療を提供してくれるクリニックを選びましょう。この整形治療は計算上の平均相場こそ7万円から8万円ほどですが、現実的には2万円から15万円ほどが費用の目安です。

詳しく見る

ビフォーアフター

輪郭形成の手術と注射

エラが張った顔立ちを解消できるのは、拡大下顎角骨切り術やボトックス注射などです。骨の張りが顕著であれば手術が必要ですが、多くの人はまず手術よりもリスクが低い注射を勧められます。医師の提案を参考にするのが最も安心と言えます。

詳しく見る

女性

魅力溢れる小顔治療

押したり強く擦ったりすることは、ボトックスのエラ治療を受けた後は控えた方が良いため、クレンジングシートを使う際は注意するほか、頬杖にも気を付けましょう。神経伝達を遮断できるのがボトックスの魅力であり、エラ治療では歯ぎしりも改善できるのが利点です。

詳しく見る

Copyright© 2018 エラを小さくすボトックス【効果の現れ方にも特徴がある】 All Rights Reserved.